脚気(かっけ)

ビタミンB1欠乏症の脚気(かっけ)はにんにくで対策を

脚気(かっけ)とは、ビタミンB1欠乏症のひとつで、両足がだるく、足がむくんでくる症状です。さらには、末梢神経や中枢神経の異常をきたし、重症になると心不全で死亡してしまう場合もあります。

ビタミンB1は体内での吸収が悪く失われやすい

ビタミンB1は科学的には比較的安定したビタミンですが、水に溶けやすいためきわめて体内での吸収が悪く失われやすいビタミンです。玄米、豚肉、しいたけ、そら豆などに多く含まれますが、一度にそれらを食べても1回に10mg程度吸収するだけで、あとは尿から排泄されてしまいます。

にんにくの有効成分がビタミンB1の吸収を高めてくれる

ビタミンB1対策として考えられるのは、毎日こまめに摂取すること、ビタミンB1をスムーズに吸収する作用のある食べ物を摂ることです。そこで注目されるのがにんにくで、にんにくの有効成分アリシンは、ビタミンB1と結びついて、アリチアミンという物質を形成し、水に溶けにくく、油に溶けやすいビタミンB1の化合物アリチアミンとなって吸収を高めてくれる働きがあります。このアリチアミンというにんにくの成分とビタミンB1との結合物は、体に吸収されてから互いに離れて、ビタミンB1となって働くのです。

こちらもチェック!
にんにくの成分と作用
にんにくの成分と作用
にんにくのにおいは、外敵からの自衛手段 にんにくは健康に良さそうだ、とわかっているものの「あの独特のにおいがどうも…」と敬遠してい...