更年期障害

更年期の体調不良をやわらげるにんにくさまざまな病気や老化、障害から守ってくれる女性ホルモンは、男性にも存在しますが、圧倒的に女性に多く存在しています。多くの有効性をもつ女性ホルモンですが、女性が40〜50代になり、卵巣機能が衰えて卵巣ホルモンの分泌が低下し、閉経を迎える頃になると、体の中でホルモンのバランスが崩れてしまいます。そこから発生するのが更年期障害で、女性に著しい不調が現れやすいのはこうした背景があるためです。

にんにくは更年期の体調不良をやわらげる

更年期障害は個人差が大きく、いつ始まるか、どのくらい続くかもまちまちです。よくある症状としては、のぼせ、手足のしびれ、めまい、偏頭痛、耳鳴り、動悸や発汗、食欲不振や下痢などで、複数の症状が同時に起こることが多いといわれています。加えて、憂鬱や不安、興奮、焦燥感といった精神的な不安定状態も訪れます。

治療にはビタミンやホルモンの投与・注射などがありますが、にんにくあるいは、にんにくサプリメントは、更年期の体調不良をやわらげてくれるため、広く利用されています。

更年期障害にオススメのにんにくレシピはこちら!
あじの塩焼き・ガーリックソース
あじの塩焼き・ガーリックソース
卵胞ホルモンの分泌低下で起こる、様々な不調です。卵胞ホルモンは、自律神経と相互に作用し合っています。自律神経を安定させると、更年期障...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存