動脈硬化

動脈硬化は脳卒中・心筋梗塞などの病気の引き金に

健康な成人の血液100ml中には100〜200mgのコレステロールが含まれています。高脂肪の食事を続けると、血中コレステロール、特に悪玉コレステロールと呼ばれる脂肪酸の含有量が高いコレステロール・タンパク粒子が増えていき、動脈硬化を起こしやすい状態になり、脳卒中・心筋梗塞などの病気の引き金となってしまいます。

動脈硬化の要因コレステロール合成をにんにくで抑える
にんにくにはコレステロールの合成を抑える効果

にんにくの有効成分は、脂肪の燃焼による脂肪低下のほか、コレステロールの合成を抑える効果があり、脳卒中・心筋梗塞の予防にたいへん有効です。自覚症状がでた時には、すでに症状も進行していることが多いので、そのまま放置せず、すぐに食生活を改善するようにしましょう。

こちらもチェック!
にんにくと血液の関係
にんにくと血液の関係
血液の流れが止まると脳は5分で死んでしまう!? 人が生きていくためには体の組織が常に活動できるように、絶えず栄養素や酸素を供給し続...
脳梗塞・心筋梗塞
脳梗塞・心筋梗塞
血液には、ころんでケガをしてしまった時などに、しばらくすると血が固まって“かさぶた”をつくり、血が流れ出るのを防いでくれる止血作用があります...
動脈硬化にオススメのにんにくレシピはこちら!
鶏肉のにんにく炒め焼き
鶏肉のにんにく炒め焼き
皮付きにんにくの香り出し。 にんにくは血管内部のコレステロールの沈着を防ぎ、動脈硬化を防ぎます。 こんな効能が 動...