食欲増進

にんにくのスパイス効果とマスキング効果で食欲増進

食べることは、健康を維持しイキイキと毎日を過ごすために重要です。しかし、気分や体調によって食欲がなかったり、体が受け付けてくれないということもあります。消化器系のトラブルの場合もありますが、お腹をこわすのではないかという不安や、さまざまなストレスが食欲に影響することは、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

にんにくのにおいとコクが食欲を増す

にんにくの代表的な効果に「スパイス効果」があります。にんにくを入れることで食べ物にコクがでます。また、肉や魚のいやなにおいを消し去ってくれます。これは「マスキング効果」といいます。これらが重なって、食欲が増し、栄養素を十分補給できるようになります。交感神経を刺激することは、食欲の減退につながるはずですが、にんにくのにおいと、食べることによる味や料理に与えるコクが、食欲を増すことにつながっているのです。

また、食経験による反射が、「この香りや味の料理はおいしいうえに、必ず体調がよくなるのだ」というような信号を脳に送ることになるものとも考えられます。とにかく、にんにくは古くから料理のスパイスとして使われてきました。スパイスを上手に使って、おいしく楽しく食べることは、健康維持に大切なことなのです。

こちらもチェック!
にんにく料理のコツ
にんにく料理のコツ
料理研究家 村上祥子さん監修のにんにく料理のコツ。 にんにく料理の極意から保存の方法まで伝授します! にんにくの下ごしらえ ...
インドのにんにくはカレーにぴったり?
インドのにんにくはカレーにぴったり?
インド料理の基本はスパイスのブレンド。いくつものスパイスを使ってカレーを作るように思われがちですが、日常的に使っているのは、にんにく...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存