冷え性

冷え性対策は体の内側からにんにくで代謝を促進

冷え性は体の内側から温めることがいちばん重要

若い女性に多い冷え性は、薄着や冷房によって実感される体の冷えで、体質に加えて無理なダイエットによる偏食・拒食などさまざまな要因が考えられます。冷え性は、肩こりや腰痛、生理痛などを招くため、栄養のバランスをとり、体の内側から温めることがいちばん重要です。

にんにくには、交感神経(心拍数や血圧を上げるなどの全身の活動力を高める神経)を刺激してノルアドレナリンの分泌を盛んにし、元気感をもたらすという作用があります。

交感神経が興奮すると通常は血管が収縮しますが、にんにくの場合は、末梢の血管を拡張させるという作用があるため、血液を送り出す心臓の力が全身に及び、手や足の先から首まで温めることになるのです。そのため、冷え性からくる頭痛や肩こりなどが改善されます。

にんにくオイルでさらに代謝を促進

にんにくオイルにすると、さらに代謝を促進する効果が期待できます。温かくなった血流がすみずみまで行き届くため、さらに効果を発揮します。しかし、冷え性は、体質や肥満、加齢などによっても表れてくるので、それをにんにくで改善するためには、継続した利用が必要になると考えられます。

こちらもチェック!
にんにくの恐るべき6つのパワー
にんにくの恐るべき6つのパワー
この世にあまたある食材の中で、こんなにさまざまな健康効果をもったものはあるでしょうか。この「にんにく」の6つの大きな力(すばらしいパワー)を...
冷え性にオススメのにんにくレシピはこちら!
野菜の肉巻き・にんにくの香味だれ
野菜の肉巻き・にんにくの香味だれ
レンジで簡単! にんにくは血行をよくして新陳代謝を高め、体をポカポカに温めます。 こんな効能が 冷え性 材料...
いか下足のうま煮・スペイン風
いか下足のうま煮・スペイン風
腰痛、肩こり、倦怠感……さまざまな症状を引き起こす冷え性。 にんにくのビタミンC、アーモンドのカルシウム、いかのタンパク質で改善。...