イライラ解消・元気感

イライラ・ストレスにはにんにく成分アリシンが有効

アンバランスになった神経作用はさまざまな症状へ進行します

めまぐるしく変化する現代社会で、過度な仕事量、人間関係のトラブル、将来への不安など、ますますストレスのたまる要因は増えています。ストレスに襲われると、自律神経失調の兆候があらわれます。これは、交感神経と副交感神経の均衡が崩れて、変調をきたすからです。アンバランスになった神経作用は、さまざまな症状へと進行しますので注意しましょう。

にんにくを刻むとにおいのもとアリシンが発生

にんにくを刻むと、においのもとであるアリシンが発生します。アリシンは揮発性が高い物質ですが、刻んだ直後に油に漬けると空気中に飛ばずに油に溶け出します。これをさらに70℃から80℃に熱すると、アリシンが速やかにスルフィド類に変わります。この油は加熱しなくても、中のアリシンは徐々にスルフィド類に変わりますが、にんにく中の酸化酵素が生きていると(活性を持っていると)、油もスルフィド類も酸化されて褐色になってしまい、同時にとてもいやなにおいを発生するようになってしまいますので、加熱することをおすすめします。

イライラ解消・元気感にオススメのにんにくレシピはこちら!
ほうれん草とじゃこのスパゲティ
ほうれん草とじゃこのスパゲティ
にんにくのアリシンは体を温める作用があり、不眠を解消し、イライラの気分を鎮めます。 こんな効能が 不眠・イライラ ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存